診療日誌

4月25日(土)

最近、同い年の方が多く見えます。

皮膚炎だったり、月経不順だったり・・・半世紀近くも生きているとそろそろ体に気をつけないといけない年頃みたいです。特に女性の場合は、40歳も後半になってくると、月経に関する症状が気になる頃です。皮膚炎でも何でも、この年代の方には「血」の通りを良くしてあげることを念頭において治療をしています。この様な方針で治療しているならば、将来の閉経も問題なく迎えらるでしょう。

そういう私も昨年はしばらく医者通いをしていましたし、いまだに歯科には通い続けています。

さて、22日にまたまた手に入れた二岡ハムのボロニアソーセージ(4月3日のブログ参照)。朝はパンに挟んでサンドイッチに、夜にはワインのお供に・・・ととても気に入っています。

パンに挟んで、チーズのせて・・・・本日は焼かずに食べてみました。作りと写真が悪いので美味しく見えないのが残念ですけど、実は美味しいのです。

2週間に1本ずつ自動的に届けば幸せなのに(^^;

Takao Hosono, Tokyo

東京診療所 細野孝郎 院長
筆者 細野孝郎 院長
医療法人 聖光園 細野診療所 東京診療所 責任者

昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医

川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、ランニング、フルマラソン(東京マラソン4回、2013年シカゴ)、自転車など。

おすすめコンテンツ