診療日誌

6月5日(金)

以前個人ブログをやっていた時には、寿司屋に行って、出されるもの全て写真に撮る程熱心でした。

馴染みの板前さんには、「先生は絶対に今だけだよ、次に来る時は『写真撮影なんて面倒だ!』って言ってますよ。」と言われていました。

正解でした。ここにもブログを一週間に何度か書いて、さらに個人的にも・・・って、ライターではないのですから、無理でした。

「先生、最近写真、写真て言わないね!」

「よーしそう言うなら、食いかけの金目鯛撮ってやる!」

・・・おそらくそのような経緯があったのでしょう。だから自分でも謎である一枚の写真が携帯に残っているのです・・・・・。

Takao Hosono, Tokyo

東京診療所 細野孝郎 院長
筆者 細野孝郎 院長
医療法人 聖光園 細野診療所 東京診療所 責任者

昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医

川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、ランニング、フルマラソン(東京マラソン4回、2013年シカゴ)、自転車など。

おすすめコンテンツ