診療日誌

9月26日(土)

なが〜い名前の処方に「謝導人大黄湯加茯苓滑石車前子」(しゃどうじんだいおうとうかぶくりょうかっせきしゃぜんし)と言うのがあります。

「あ、あれ、あれ、あの長い名前の、シャドウジン・・・・なんとかね。」

で院内では通じてしまいます。あまり使わないレア処方でもありますから、とっさに最後まで名前が出てきません。

しかし、これは目が充血して痒いときや痛い時に良く効いてくれます。

目が充血して・・・痒い、とか、痛い時に「なが〜い名前のあれ、シャドウジンなんとかはどうですか?」とおっしゃってみて下さい。

さて、中国に出張された患者様より「月餅」(げっぺい)をお土産で頂きました。

この時期は中国ではどこへ行っても月餅ばかり売っていたそうです。中国では中秋節の時に、月を愛でてこのお菓子を食べる習慣があるそうです。

日本のダンゴみたいな感じでしょうか。

今年は夏もキリッとせずに季節感なかったのですが、秋ですねぇ〜。

Takao Hosono, Tokyo

おすすめコンテンツ