診療日誌

9月8日(火)

アトピーの方で、漢方を始めたからといきなりステロイド軟膏等を中止される方がおられます。リバウンドするので、いきなりの中止はお勧めできません。ワセリン等でステロイド濃度を徐々に減らして離脱しましょう。

診療所には、もう皮膚科行きたくないから手持ちステロイドがない!と言う方も多く見えます。

でも、急には止められない・・・・

と言うことで、ステロイドの塗りクスリを取り寄せました。同時にワセリンも取り寄せたので、患者様と相談の上、ステロイド濃度を減らした軟膏を作って、上手にステロイドを離脱することも可能かと思います。

漢方で体を変えて、上手にステロイドを離脱しましょう!

さて、銀座の寿司屋で・・・・、また食べ物の話題で申し訳ございません。いつものお寿司やさんで、何か最後に食べたいけど、ちらしは大きすぎる・・・と言うと、小鉢(普通の茶碗大)にチラシを作ってくれました。

マグロ、ウニ、イカ、イクラにタマゴ、そしてご飯にはかんぴょうを混ぜ込んであります!

うわぁ〜、この小さな丼に海がギッシリ詰まっている・・・・って、フード・リポーターではないのですけどね。最後に食べるには適当な量とネタの種類でした。

炭水化物(ご飯)が少なかったので、帰宅後の体重も1キロ増ですみました(^^)

名付けて「ダイエット丼」!

Takao Hosono, Tokyo

東京診療所 細野孝郎 院長
筆者 細野孝郎 院長
医療法人 聖光園 細野診療所 東京診療所 責任者

昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医

川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、ランニング、フルマラソン(東京マラソン4回、2013年シカゴ)、自転車など。

おすすめコンテンツ