診療日誌

11月5日(木)

東京診療所は11月より水曜日、お休みとさせて頂いております。

そのせいもあって、しばらくお休みを頂いておりました。

昨日の水曜日は優待券の期限が切れそうになったので、当院職員らと久々にゴルフに行ってきました。

空は快晴、富士山の稜線がクッキリと見えます。と言うことは地面に自分の影もクッキリと映ります。

ありゃ?バックスイングの時に自分の影が・・・・目に入る!!朝の練習場から影が何となく気になっていました。

狙って、構えて、バックスイング・・・・またこいつがいる!!!

ものすごく気になる。気になると止まらない。スイングもくるって、ダフリ連発・・・・

今年最悪の凄まじいスコアーとなってしまいました。振り返ってみれば、ナイスショットは林の中や日陰から・・・・

本日、冷静になって考えたことは、「影が気になるのならば、目をつむって心で打つ!」、「なんなら日陰ばかりを通って行けばいい!」、「そもそもゴルフなんか行かなければ良い!」でした。

影は自分の邪念か分身か?

Takao Hosono, Tokyo

東京診療所 細野孝郎 院長
筆者 細野孝郎 院長
医療法人 聖光園 細野診療所 東京診療所 責任者

昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医

川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、ランニング、フルマラソン(東京マラソン4回、2013年シカゴ)、自転車など。

おすすめコンテンツ