診療日誌

1月28日(木)

ここのところ、日誌の更新がサボりぎみで申し訳ございません。カゼ引きそうになり、それが1日で治ったのはいいのですが、どうも頸肩の凝りが酷くて、パソコンに向かう気になれません。

凝りが酷いので、鍼灸マッサージを畠中鍼灸師にやらせたり、漢方飲んだり、痛み止め飲んでみたりと忙しいのです。

以前は側頭部の頭痛があり、メガネの度を2段階落とすことでそれは改善してきました。

調子良くなってきたところで頸肩痛です。踏んだり蹴ったりです。根本的なな問題は、現在のパソコンモニターの位置です。椅子を最大限に上げても見上げる位置になり、どうしても常に上を向いた状態になります。先日、手で頭を下にむけて力を入れて押して見ると、グギグギとクビの筋肉が伸びる感触と伴に、目の前が明るくなりました。その後、何度か鍼灸マッサージ治療を受けて、現在はなんとか改善傾向にあります。

自分で出来る軽い運動を基本に、鍼灸治療は首や肩のひどい凝りにも効果ありますね。

パソコンのおく位置も考えないとなぁ。

Takao Hosono, Tokyo

東京診療所 細野孝郎 院長
筆者 細野孝郎 院長
医療法人 聖光園 細野診療所 東京診療所 責任者

昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医

川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、ランニング、フルマラソン(東京マラソン4回、2013年シカゴ)、自転車など。

おすすめコンテンツ