診療日誌

5月27日(木)

1年半前に近所の中華料理屋が渋谷にもある台湾料理の店に変わりました。千円程度で夜の定食も食べれたのですが、台湾料理に変わってからは定食もなくなり少し行き辛くなっていました。それでも、味は悪くないのでちょくちょく利用はしていました。開店当初の店は大繁盛でしたので、私はいつも早めの空いている時間を利用していました。

ある日のこと、3人で食べに行くと、他にお客さんがいないのにカウンター席に案内されました。大皿をカウンターに並んで3人で取り分けるなどほぼ不可能でしょうし、料理一品の値段設定もそれなりですので、さすがに「テーブルに座らせてくれ。」とお願いしました。

しかし、「テーブルは4人じゃないとダメだ!」との返事。こういう場合は、頑張ってはいけません。分かりましたとの一言でお店を変えました。その店の前は私の通勤路なので毎朝、毎晩通っています。ここ半年は夜9時頃でも半分程度しかお客さんは入っていません。そのうち店員さんも変わったことに気付きました。

そこで先日、どんなものかと一人で調査も兼ねて行ってまいりました。あれ?メニューに定食が追加された!!4人掛けのテーブル席は二人で使ってるし!!

カウンターで紹興酒と腸詰めを食べながら、観察!

そう悪くなさそう。

そして定食は鶏のカシュナッツ炒めにしてみました。1,575円でしたがちょっと量が多い感じです。でも満足。

また報告致します。

Takao Hosono, Tokyo

東京診療所 細野孝郎 院長
筆者 細野孝郎 院長
医療法人 聖光園 細野診療所 東京診療所 責任者

昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医

川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、ランニング、フルマラソン(東京マラソン4回、2013年シカゴ)、自転車など。

おすすめコンテンツ