診療日誌

7月1日(木)

先日行った某ホテルレストランで、ビールを一杯飲んだ後にワインを頼もうとしました。

いつも、近場の大衆イタリアンなどに行っても、ワインはボトルで入れますので、疑うことなく「ワインリスト見せて下さい」と言いました。

そして出て来たリストがこんな感じ・・・・・

値段を見て目が点に・・・・・と言うか、ゼロを数え直すこと数回。そりゃいつもの安イタリアンとは違うので当然と言えば当然でしょう。迂闊でした。

いつもの自分の感覚では、3,000円程度が普通、今日は奮発するぞ!で,5000円程度、清水の舞台で7,000円程度です。

が、ここのワインリストは最低でも30,000円からです!

しかし、ワインリストを眺めながら「ビールもう一杯!」を頼んで、「あ〜今日は体調が悪いから酔ってしまったよ、せっかくワインリスト持って来てくれたのにゴメンね。」と逃げてはいきません!

そこは堂々と「あのね、1万以下で軽めの持って来て。」とワインリストの内容を全く無視して、ソムリエに言ってみたところ、なんと出て来ました!いつも飲んでるワインより口当たり良く美味しかったです。

いやぁ、格好つけたり、恥ずかしがらずに世の中言ってみるものです。

Takao Hosono, Tokyo

東京診療所 細野孝郎 院長
筆者 細野孝郎 院長
医療法人 聖光園 細野診療所 東京診療所 責任者

昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医

川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、ランニング、フルマラソン(東京マラソン4回、2013年シカゴ)、自転車など。

おすすめコンテンツ