診療日誌

8月27日(金)

写真でお見せしているのは、「てい針」と言って鍼灸治療で使う道具の一つです。

針と言っても、先が丸まっていますので刺さるわけではありません。これを凝っている部分や適当なツボにグリグリやるのです。

患者さんでもおられるのですが、私も良く頭の横の部分が凝っています。いわゆる側頭部の凝りってやつです。ボールペンの後ろ側や指でグリグリやるとそれなりに気持ち良いのですが、固かったり、柔らかかったりで今ひとつよろしくありません。

そこで、見付けてきたのが純銀性のコレです!なんと純銀だそうです!!

体への当たりが固すぎず柔らかすぎず、絶妙な感じで、凝った部分にコリコリグリグリやると、じわ〜んと筋肉がほぐれて行くのが分かります。

同じ様な形でステンレスの物も試してみましたが固くて今ひとつよろしくありません。

さっそく自分用に一つ購入し、いつもポッケに入れています。頭やクビの凝る方で試してみたい方はおっしゃって下さい。なんとも絶妙に良い感じ ですよ。

側頭部が凝って痛い、痛いって言っている友達にプレゼントしようかなぁとも思ってきました(笑)

ご参考までに、背中や肩は鈍感な部位なのでステンレスの物でも良い感じでした。

Takao Hosono, Tokyo

東京診療所 細野孝郎 院長
筆者 細野孝郎 院長
医療法人 聖光園 細野診療所 東京診療所 責任者

昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医

川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、ランニング、フルマラソン(東京マラソン4回、2013年シカゴ)、自転車など。

おすすめコンテンツ