診療日誌

10月12日(火)

いやぁ、昨日は暑かったですね。今日も何とも湿度が高くて不快です。

東京診療所の診察室側の窓は開きませんし、反対側の窓は、近隣のレストランから様々なニオイ、また虫等が入ってくると大変なので開けることはありません。

従って、温度調整はエアコンに頼るしかないのです。エアコンのみに頼った温度調整は暑い!寒い!!のどちらかになりやすいので、かなり気を遣います。

とは言いながらも、季節も落ち着いて来たので「夏は暑すぎて不妊治療(体外受精)も休みます!」とおっしゃっていた方々が、「そろそろ再開しようと思います。」に変わって来ました。漢方治療もそれに合わせてプランを立てます。「移植の前日まではコレ、移植前日から6日めまではコレ、6日目以降判定日まではコレ・・・・」と大忙しになっております。

さて、先日稚内で見付けた不思議な食べ物です。

「ホタテ御飯」・・・・・

メニューの横には「炊き込み御飯ではありません!」と注意書きが。250円なので深く考えずに注文。

ビックリするほど美味ではなかったのですが、ホタテがしっかりと味付けされており、 それなりに美味しかったです。まぁまぁですかね(笑)

Takao Hosono, Tokyo

東京診療所 細野孝郎 院長
筆者 細野孝郎 院長
医療法人 聖光園 細野診療所 東京診療所 責任者

昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医

川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、ランニング、フルマラソン(東京マラソン4回、2013年シカゴ)、自転車など。

おすすめコンテンツ