診療日誌

4月16日(土)

最近のマイブームは「鴨南蛮ソバ」です。でももう少しすると鴨も痩せて美味しくなくなるので、そんなに長いブームになりそうにはありません。冬カモの柔らかさ、ジューシーさに比べると、夏はカスカスパサパサ、無理に夏に食べる方が悪いんですかね(笑)

さて、本日届いた日本東洋医学会雑誌を眺めていると、難治性皮膚疾患に「防已」(ぼうい)という生薬が有効だと書いてありました。

イボから乾癬、脱毛や白髪、または紅斑まで使うみたいです。

もう少し調べて、治りの悪い皮膚疾患に応用してみようかと思います。

しかし、花粉酷いですね。

咽の奥にくっついた感じで、咽がガサガサ、イガイガ、ヒリヒリします。今まで、こんなになったことはなかったので分かりませんでしたが、皆さんのおっしゃる「咽がヒリヒリする」って感じが今回初めて実感できてしまいまいした。

Takao Hosono, Tokyo

東京診療所 細野孝郎 院長
筆者 細野孝郎 院長
医療法人 聖光園 細野診療所 東京診療所 責任者

昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医

川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、ランニング、フルマラソン(東京マラソン4回、2013年シカゴ)、自転車など。

おすすめコンテンツ