診療日誌

7月22日(金)

先日、出産の御報告を頂きました。この方は、1年の不妊治療後、当院を受診され、半年間の漢方治療中に人工授精で妊娠されました。

無事に御出産も終わり、本当に良かったです。体を早く戻して第二子に備えましょう!(気が早いか?)

出産後しばらくは母乳の出が良くなる「蒲公英湯」(ほこうえいとう)と言う処方を良く使います。私はたいていの方で、これを出産後3〜6ヶ月程度使用し、その後は体の回復を促す他の処方に切り替えて行きます。

さて、昨日は土用の丑の日と言うことで、JRガードの並びにあるうなぎ屋さんに薬剤師を連れて行って来ました。一年に一度しか食べないので、どうせなら昼間から「上」だよ「上」と勇んで、上うな重2680円也・・・・を注文。脂とタレが少なめで胃には堪えませんでしたが、財布には堪えました。

さすがに来年までお預けです。

Takao Hosono, Tokyo

東京診療所 細野孝郎 院長
筆者 細野孝郎 院長
医療法人 聖光園 細野診療所 東京診療所 責任者

昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医

川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、ランニング、フルマラソン(東京マラソン4回、2013年シカゴ)、自転車など。

おすすめコンテンツ