診療日誌

8月16日(火)

趣味のサークルの仲間(代ゼミの英語講師)が本を出したので買ってみました。さすが英語のカリスマ講師だけあって、受験生ではないボクが読んでもなかなか面白い!

ちょっと中をご紹介・・・・・

・・・・以下「とみ単」より・・・・

companyというと単純に「会社」と思う日本人はまだまだ多いが、本来companyはcom(一緒)+pan(パン)+yで、「一緒にパンを食べる」と言う意味である。人種にかかわらず、一緒にものを食べる者同士は当然親しい間柄と考えられるので、そこから「交際」「仲間」「集団」という意味が発生している。さらに、「一緒にパンを食べる」=「同じ釜の飯をくう」で、一種の運命共同体をも指すようになり、それが「会社」という意味に転じた。

・・・・ここまで・・・・・・

ですって。へぇ〜っ、納得というより、感心。本日は妙に感心した一日でした!

Takao Hosono, Tokyo

おすすめコンテンツ