診療日誌

8月25日(木)

暑さ涼しさ雨の波状攻撃で体がくたびれ、すっかりブログの更新をサボっておりました。気が付けばもう8月も終わり、特にどこに出かけるでもなく、夏休みもなく過ごしていました。

さて、初夏の頃には多かった「手の水疱」の患者様は当然のこと最近はめっきりと見かけなくなりました。今頃の季節の変わり目に多いのは「咽のつまり」です。既に他院で半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)等を処方されて、それでも効果ないということで当院に受診されるケースが多いです。

先日、ブラジル人の医者の友人が来日しました。

こちらは夏休みもなく働いているのに、いつもいつも羨ましい限りです。来日すると必ず一緒に食事に出かけます。かなり口が肥えていますので、もの凄く高級な店じゃないと満足しなさそうだし、それではいっそ屋台にでも連れて行った方が喜ぶのか・・・・と小一時間ほど悩み、有楽町のガード下の産直の魚屋さんに。

ブラジルにはない雰囲気に大満足の様子で、最後に〆のオニギリの入ったお茶漬けまで写真を撮っておりました。なんだよ、こんなもので良かったのかぁ(笑)

Takao Hosono, Tokyo

東京診療所 細野孝郎 院長
筆者 細野孝郎 院長
医療法人 聖光園 細野診療所 東京診療所 責任者

昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医

川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、ランニング、フルマラソン(東京マラソン4回、2013年シカゴ)、自転車など。

おすすめコンテンツ