診療日誌

1月19日(木)

2月5日の香川丸亀国際をスタートとして、本格的なレースシーズンに突入してきました。自分では、1月は千葉(10キロ)→2月に香川(ハーフ)と東京(フル)→3月に京都(フル)→4月に長野(フル)と、予定を組んでおりました。

ところが、昨日スピードを上げて快調に走っていたら・・・膝をやってしまいました。

靱帯が伸びてしまい、歩くのもちょっとイヤな感じです。

と言うことで、千葉と香川はDNS(出走せず)にして、ぶっつけ本番になりますが、東京に臨みたいと思っています。

こういうケガは、安静にしているだけではなかなか治りませんし、気持ちにも焦りが出ます。そこで、診療開始前に鍼灸治療を連日受けることにしました。この後、テープで固定します。

こういう怪我の治療も行っていますので、どうぞご利用下さい。

Takao Hosono, Tokyo


東京診療所 細野孝郎 院長
筆者 細野孝郎 院長
医療法人 聖光園 細野診療所 東京診療所 責任者

昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医

川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、ランニング、フルマラソン(東京マラソン4回、2013年シカゴ)、自転車など。

おすすめコンテンツ