診療日誌

2月24日(金)

明日は臨時休診となります。ご迷惑をおかけ致しますが、なにとぞご了承下さい。

さて、本年に入ってから早くも11名の方々より妊娠の御報告を頂いております。内訳は、自然妊娠が5名、体外受精が6名です。

当院には「何度も体外受精をやって失敗が続き、もしかしたら体がおかしいのではないか??ならば漢方でも・・・・」とおみえになる方が多くいらっしゃいます。

一昨年頃より、体外受精の方は、採卵や移植の周期に合わせて処方を変える方法(体外受精の周期療法と勝手に名前を付けているのですが)を取り入れました。その後、体外受精の成功率が上がり、過去に何度も失敗を繰り返している方も妊娠されて驚かれたり感激されたりです。

本日はその中のお一人がおみえになりました。

40歳のこの方は2010年の4月にそれまで3回体外受精を失敗したため、当院に初診されました。そして1年半後の昨年12月に移植、今年に入って直ぐに妊娠が判明し、現在13週と経過良好です。

ただし、この方はクローン病で、レミケードと言うお薬を注射しながらの妊娠でした。また経過中にはクローン病が悪化して、この体では妊娠も無理じゃないか??・・・・と言う話しも出て、さらにご主人の転勤で沼津に引っ越され通院も大変な手間となり・・・・と大きな大きな障害を乗り越えての妊娠でした。

今日、お顔を拝見して、今までのことがパラパラパラ・・・・っと、一瞬で頭の中を駆け巡り、とても嬉しく思うと同時に、出産までの今後のことが心配になったりしました。

何とか無事にクローン病を悪化させることなく、かつ、赤ちゃんを成長させるように出産まで頑張って行きましょう!また産後も体を早く回復させてあげないと、クローン病が再燃してくるので、産後の体調管理もとても大切です。

話は変わって・・・。日曜日はいよいよ東京マラソンです。

1月18日に膝の半月板・靱帯を痛めてから、あまり練習は出来ていませんが、片寄鍼灸師の懸命の治療(この一ヶ月少々でなんと23回!!)のおかげでスタートラインに立てそうです!

怪我がなければ、3時間半以内を目標としたのですが、今回はそのペース(1キロ5分)では膝が無理でしょう。なんとか故障せずに3時間45分を下回ればよしとします。そして無事に京都マラソン(3月11日)のスタートラインに立てればと思っています。

東京マラソンには、東京・京都の職員が参加、応援にも来てくれます。さらに、当院の患者さんも選手として出場されたり、ボランティアをされたりと、とても賑やかな予感です!!

と言うことで、普段より炭水化物を多めに摂取する「カーボ・ローディング」を開始です!!ココイチ(カレー屋)で、ごはん400g(!?)の大盛りに挑戦してみました!!

結果、お腹が苦しくなり、カーボ・ローディング断念(笑)

Takao Hosono, Tokyo

おすすめコンテンツ