診療日誌

2月3日(金)

早いもので今年も残り11ヶ月です!?

1月は妊娠の御報告が5例もあり、上々の滑り出しでした。このまま全員の方が無事に出産まで至ることを願って止みません。

その一方、残念ながら流産してしまった方は早く体調を取り戻して再度妊娠出来るように頑張ってまいりましょう。

さて、診療所内の絵の配置転換を行いました。

と言うのも、移転前に飾ってあった絵を、移転と供に仕舞い込んでいたのを思い出し、ゆっくり眺めてみるとかなり綺麗な絵であることに気付きました。この2点の絵を飾るには・・・と考えて、絵の配置転換を実行致しました。

私にはあまり絵心がないので、よく分からないのですが、見る人が見れば分かるそうです。某I氏が一言。

「おっ、珍しく、ホンモノの絵が飾ってある!」

だそーです(笑)

Takao Hosono, Tokyo



東京診療所 細野孝郎 院長
筆者 細野孝郎 院長
医療法人 聖光園 細野診療所 東京診療所 責任者

昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医

川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、ランニング、フルマラソン(東京マラソン4回、2013年シカゴ)、自転車など。

おすすめコンテンツ