診療日誌

2月9日(木)

先週の土・日と香川県に行きました。もちろん、うどんを食べに行ったわけではありません。昨年に続いて、ハーフマラソンのレースに出場してきました。

1月の中旬に左の膝を痛めて、練習がまともに出来ず、膝にも違和感が残る状態でしたので、テープで膝関節をガチガチに固めて、ペースを練習以下に落としてゆっくりと走って来ました。

結果、昨年の1時間37分から余計に15分もかかり1時間52分のハーフ・マラソン最低記録となりましたが、東京マラソンへ向けての良いリハビリとなりました。

さて、レース後は職員と打ち合わせも兼ねて、高松市内の寿司屋に行きました。地元のモノを中心に食べて大満足。写真は瀬戸内海の鯛の煮物なのですが、千円ポッキリでした!このあたり(銀座)だと平気で倍はしますしね。

板前さんの話しでは、香川の人はうどん屋など、近所の2〜3軒しか知らないそうです。わざわざ遠い所まで食べに行かないし、どこで食べても一緒ですよ、と教えてくれました。

まぁ、そうですよね。私もずっと東京にいますが、もんじゃ焼の店を探してまで食べないですし(笑)

Takao Hosono, Tokyo

東京診療所 細野孝郎 院長
筆者 細野孝郎 院長
医療法人 聖光園 細野診療所 東京診療所 責任者

昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医

川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、ランニング、フルマラソン(東京マラソン4回、2013年シカゴ)、自転車など。

おすすめコンテンツ