診療日誌

3月29日(木)

「のぼせ」に一番効果があるのは、どうも加味承気湯(かみじょうきとう)のようです。この処方に桂枝(けいし)を多めに加味するとさらに効果的です。

通常、加味承気湯は便秘傾向があり体の丈夫な人(実証)に対する処方なのですが、当院の加味承気湯はお腹を下す生薬が少なめなので、幅広く使えるのが特徴です。

ですから、「のぼせ」が酷くてたまらない!と言う方へのファースト・チョイスは「加味承気湯プラス桂枝」にしています。

さて、先日の東京マラソンの記録証が送られて来ました!

3時間39分21秒で、27340人中4032位・・・・・

あと35歳ほど若ければ一桁台を目指すのですが(笑)!!

でも、来年は3000番を切るつもりでが!!(あくまでも、つもり)

Takao Hosono, Tokyo

東京診療所 細野孝郎 院長
筆者 細野孝郎 院長
医療法人 聖光園 細野診療所 東京診療所 責任者

昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医

川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、ランニング、フルマラソン(東京マラソン4回、2013年シカゴ)、自転車など。

おすすめコンテンツ