診療日誌

4月6日(金)

やっと京都鹿ヶ谷の桜の開花が始まりました。でも寒さのためか、まだ一気に満開に行く勢いが見られません。満開までにはあと一週間ほどかかりそうです。見頃になれば、また写真をアップします。

哲学の小径では今ユキヤナギが見頃です。ユキヤナギの白、三つ叉の黄色、レンギョウの黄色、ハルコガネバナの黄色そしてソメイヨシノの薄ピンク色等々哲学の小径は花でいっぱいに飾られています。

一方、神楽岡の南端にある真如堂では「花の木」が真っ赤な花をつけて目を楽しませてくれています。こちらでは、今朝少しだけ桜が開花していました。真如堂の鐘楼の周りも桜で囲まれていますが、まだつぼみです。

真如堂の桜の見頃も一週間後ぐらいではないかと思います。

ウグイスがしきりに鳴いています。

中田敬吾


おすすめコンテンツ