診療日誌

8月2日(木)

昨日は歯科にて5針程度の大きさの歯茎の切開術を受けてきました。以前にも同様の治療を受けているのですが、同じ部位での再発でした。歯の根部の治療はなかなか厄介です。

さて、歯茎を切開されたからには運動などして血流を過度に良くしたり、また体に負担をかけるのは創傷治癒の面からも好ましくありません。そこで何か買い物にでも・・・と表参道を散策することにしました。

とあるお店でなかなか洒落たストローハットを発見!値札を見れば、少し高価ですが作りも良いし、お買い得な感じです。でもこの時期なのでセールで半額になってても良いのに・・・と思いつつ、「これください!」と買うことにしました。

「今日の格好にも合ってますよ」と店員さんの勧めもあり、そのまま値札を切って貰い頭に載せたままお会計に。カードを取り出して値段もろくに確認せずにサイン。そしてカードの控えを貰って・・・!!!

自分の思っていた値段の前に「1」が付いているじゃありませんか!!日本製の手作りなのでこの値段になるそうです。帰りがけに他の店で、自分の想像していた値段のストローハットを確認して作りの違いを確認し納得しました。最後に「0」が一つ多かったら気絶してましたが(笑)

Takao Hosono, Tokyo

東京診療所 細野孝郎 院長
筆者 細野孝郎 院長
医療法人 聖光園 細野診療所 東京診療所 責任者

昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医

川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、ランニング、フルマラソン(東京マラソン4回、2013年シカゴ)、自転車など。

おすすめコンテンツ