診療日誌

1月28日(火)

先週の日曜日(26日)に、新宿シティハーフマラソンに出場してきました。国立競技場を発着するレースですので、立て替えられるため、今年が現在の国立競技場を使う最後のレースとなります。確かに設備も外観も老朽化していますので、立て替えもやむなしでしょう。しかし改築してもまだまだ使えそうなのですが、大幅な改築をするよりも立て替えた方が早くて安いのでしょうか。

国立競技場のピッチに立つと、ここで繰り広げられた色々なドラマがあった・・・・と想像してしまいます。

フィールドに降りる前に、取り敢えずスタンドから写真を撮ってみました。

さて、レースの方は国立競技場をスタートして信濃町~四谷~新宿~千駄ヶ谷経由で競技場に戻るコースを2周回でしたが、想像以上にアップダウンが多く、手元のGPSを見ると21キロのレースで388mも上ってました。スタートとゴールが同地点なので、同様に388m下ってるのですが。いずれにせよ、平坦路の方が楽なのは言うまでもありません。

Takao Hosono, Tokyo

東京診療所 細野孝郎 院長
筆者 細野孝郎 院長
医療法人 聖光園 細野診療所 東京診療所 責任者

昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医

川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、ランニング、フルマラソン(東京マラソン4回、2013年シカゴ)、自転車など。

おすすめコンテンツ