診療日誌

2月22日(土)

新しい鍼灸師(阿部野)が2月初旬より来ています。かなりこだわって探しましたので、前任者が辞めてから時間がかかってしまい申し訳ございませんでした。腕が良くて、痛くない針ができるのは当然で、その上にきちんと治療内容や経過を説明できることも必要条件です。いくら腕が良くともキチンとした説明がなければ不安ですからね。

さて、日曜は東京マラソンですが、さっそく彼女に施術してもらいました。かなり上手です。バリバリに凝っていた脚の筋肉が施術後には嘘の様に軽くなりました。この2週間程の間に4回施術してもらいましたが、前回に重点的に治療した場所は次の治療の時にはほぐれていました。通常は張りが残って、それが積み重なるのですが、4回の施術ですっかりと脚が軽くなりました。

「優勝したら賞金の一部の200万円と副賞のBMWをあげる」と言ったら、半信半疑ながらも熱心に治療してくれました。しかし次の日に、「調べたんですけど・・・、優勝って・・・、2時間5分とかですよね・・・・?」と怪訝そうな表情で言ってきました!!

そうです、スタートから2時間経過した頃、私はまだ日本橋あたりかと思います(笑)

阿部野は東京マラソンではボランティアで、ゴール地点で完走者の簡単な鍼治療をするそうです。また東京診療所では診察日には毎日出ています。不妊や冷え性などの鍼灸治療はもちろんのこと、筋肉系の治療もかなり上手ですので、みなさんお試しになって下さい。

Takao Hosono, Tokyo

おすすめコンテンツ

関連キーワードで検索