診療日誌

4月3日(木)

日に日に春らしくなって来ました。ただ先週あたりは花粉の飛散が増えたらしくアレルギーのある患者様の多くが「鼻水が・・・、目が・・・・」とおっしゃっていました。不妊治療などをしている患者様で、「不妊治療を中断して花粉の漢方を服用した方が良いのか?」と言うのはよくある質問です。その様な時には、朝の処方のみを花粉の漢方に変更したり、また朝のみ2種類服用する・・・と、必要最低限な方向で考えて行きますのでお気軽にご質問下さい。

さて東京マラソンで痛めた膝関節も徐々に回復し、10キロ程度ならゆっくりと走れるまでになって来ました。今週末は走るのは止めてカメラを持って桜でも撮影してみようかな・・・・とも考えています。写真は一足早く咲いた、三月中頃の桜の写真です。

Takao Hosono, Tokyo

東京診療所 細野孝郎 院長
筆者 細野孝郎 院長
医療法人 聖光園 細野診療所 東京診療所 責任者

昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医

川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、ランニング、フルマラソン(東京マラソン4回、2013年シカゴ)、自転車など。

おすすめコンテンツ

関連キーワードで検索

, ,