診療日誌

5月13日(火)

昨日、50歳前後の女性読者が多い雑誌の取材を受けたのですが、「50歳前後の女性では、どういう方がお見えになりますか?」と言う質問されました。気になる方も多いでしょう。基本的には、更年期障害や閉経前の諸症状でお悩みの方が一番多く、次いでアレルギー性の疾患(蕁麻疹、花粉症)、そして、冷え性やむくみなどが続くと言う感じです。

もう少し年齢が高くなってくると、腰痛、肩の痛み、胃腸症状などが気になり来院される方の人数が増えてくると言った感じです。

さて、写真はゴールデン・ウィークに行った龍山寺です。実際にはもっと煙が立ちこめていたのですが、お線香の香りがここまで気分を落ち着かせてくれるとは思いませんでした。日本の線香と少し香りが違うのかとも思いました。普段はお墓参り以外にはこの様な場所にでかけないので、かなり新鮮な感じでした。

Takao Hosono, Tokyo

東京診療所 細野孝郎 院長
筆者 細野孝郎 院長
医療法人 聖光園 細野診療所 東京診療所 責任者

昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医

川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、ランニング、フルマラソン(東京マラソン4回、2013年シカゴ)、自転車など。

おすすめコンテンツ