診療日誌

11月21日(金)

なんだかんだとブログの更新も2ヶ月滞ってしまいました。9月も1回しか書いていないので、もう何ヶ月も書いている気がしません。毎日更新とは口が裂けても言いませんが、なんとか週に1〜2回更新を目標に頑張って書いて行きたいと思います。見返してみると5月に6回書いて以来まともには書いていませんので、5ヶ月ぶりに心を入れ替えて・・・です。

この5ヶ月にはいろいろなことがありました。ニューヨークマラソンも終わり、ブログではしばらくその話ができそうです。その話は次回からおいおい書いていくとして、最近どういうことか便秘・月経不順・胃のあたりの不快感の3つを主訴に来院される方が続きました。

それぞれ1つでしたらそう珍しくはないのですが、3個同時に訴えて来られる方が続くと不思議な感じもします。でもこれは一つの大きな原因によって、この3個の症状が出ることもあるのです。 今回の場合は、ストレスにより腹部への気の流れが悪くなり(これで胃部の不快感が生じます)、それが引き金となり月経不順と便秘が生じたと考えました。基本的には気剤(気の流れを良くする処方)をメインに胃を補う生薬を加え、あとは少々血の流れを改善する生薬を加えました。血の流れを良くする系の生薬は時に胃に負担を与えることがあるので、胃の症状のある方は、まず少量から開始し様子を見る方が胃に負担をかけづらいのです。

さて写真は飛行機の窓から見たニューヨーク・マンハッタンです。初めて行く場所は、目的地に近づくとタクシーはどうなのか、荷物受け取りの場所はどうなっているのかなど気になるのですが、ニューヨークは3月に行ったばかりでしたので、緊張感もなく「おーっ、ここを走るのか・・・・、今日の晩ご飯はどこ行こうかなぁ」などと、ボーッと外を眺めていました。

Takao Hosono, Tokyo

東京診療所 細野孝郎 院長
筆者 細野孝郎 院長
医療法人 聖光園 細野診療所 東京診療所 責任者

昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医

川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、ランニング、フルマラソン(東京マラソン4回、2013年シカゴ)、自転車など。

おすすめコンテンツ