診療日誌

2月5日(金)

先日、研究会で東京ビックサイトに行きました。その日のお話は、FDAで認可された乳ガンと前立腺癌のマーカーを下げる薬品の紹介でした。まだ日本には個人輸入でしか手に入れることはできないそうです。

乳ガンに使う漢方には紫根牡蛎湯(しこんぼれいとう)があります。これは他には乳腺炎、リンパ節の腫瘤などにも用いると記載されていますので、乳癌のリンパ節転移やまたはリンパ腫などにも用いるのかと思います。

しかし、いつ見ても変てこな形の建物だなぁと思います。ここは東京マラソンのエキスポ会場でもあり、またゴール地点でもあります。診療所からだと新橋からゆりかもめに乗って10分少々の場所にあります。

Takao Hosono, Tokyo

東京診療所 細野孝郎 院長
筆者 細野孝郎 院長
医療法人 聖光園 細野診療所 東京診療所 責任者

昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医

川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、ランニング、フルマラソン(東京マラソン4回、2013年シカゴ)、自転車など。

おすすめコンテンツ