診療日誌

3月24日(木)

三寒四温の今日この頃です。暖かい日の後の寒い日はことさら寒さを厳しく感じます。先日のブログで「東京マラソンが終わると気分的にも春が来て、寒くても暖かく感じる・・・」と書いたのですが、それは気のせいでした。

通常この時期になると、体を暖める系の生薬を多めに配合している場合は、減らすこともあります。大概患者さまから「最近体も温かくなって来て、時々暑く感じることもあるので暖める生薬を少し減らしてもらえないか?」と希望されます。人によっては梅雨が明けるまではこのままでとおっしゃる方もおられます。そこは人それぞれの感じ方次第で良いのですが、今年は減らした方がまだ若干数しかおられません。例年より寒いと感じておられるのではないかと思います。

ところで、ネコに自動餌入れ機を買ってあげました。時間を設定しておくと決まった時刻に決まった量の餌が自動的に出てきます。遅くなる時や不在の時にはとても便利です。もちろん自分がその時間に家にいる時には、ちゃんと皿に盛って出してあげます。これでネコも規則正しい生活が送れそうです。

Takao Hosono, Tokyo

東京診療所 細野孝郎 院長
筆者 細野孝郎 院長
医療法人 聖光園 細野診療所 東京診療所 責任者

昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医

川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、ランニング、フルマラソン(東京マラソン4回、2013年シカゴ)、自転車など。

おすすめコンテンツ