診療日誌

9月24日(土)

排卵湯(はいらんとう)と言う不思議な名前の処方があります。卵子の質を良くする処方だと考えて下さい。ただ卵子の質がどんなに良くなろうとも自覚はできません。しかし、体外受精をされて何度も何度も採卵が上手く行かない方は実感出来るよです。

「初めて採卵が上手くいった!」「久しぶりに胚盤になって凍結できた!」「グレード1は本当に久しぶり!」などです。この排卵湯はこの様に場合によっては、結果が分かりやすくてとても良い処方だと思います。特に体外受精をされていて、採卵が上手く行かずに困っている方にお試し頂ければと思います。当院はこの様に排卵湯も顆粒状に作成して、飲みやすくしております。

当院(主に東京診療所)FBページ始めました!

https://www.facebook.com/hosonokanpo/

Takao Hosono, Tokyo

東京診療所 細野孝郎 院長
筆者 細野孝郎 院長
医療法人 聖光園 細野診療所 東京診療所 責任者

昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医

川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、ランニング、フルマラソン(東京マラソン4回、2013年シカゴ)、自転車など。

おすすめコンテンツ