診療日誌

5月10日(木)

20年程前にスキーで左膝を骨折して手術して以来、どうしても左膝を庇ってしまい右にバランスが傾くようになってしまいました。

歩いていても自然と右足体重になっています。走り始めた頃は手術した左膝が痛んだのは当然なのですが、左脚が鍛えられるにつれ、負荷のかかりすぎている右足の怪我が増えて来ました。最近では今年の東京マラソン前に右股関節を痛めてしまい、走ることも出来ませんでした。

グラフは走っている時の左右の足の接地バランスです。こんなことまでランニングウォッチでモニター出来てしまうのです!!

50/50がニュートラルな部分です。私の場合、明らかに右にバランスが傾いてしまっています。酷い時には52%以上右にバランスが崩れて、赤マークが出ています。これは小手先のことでは改善しません。

最近になって緑マークになるようになり、左右が50%まで改善しました。

これは、まずランニングフォーム改善のため、左手を積極的に振るようにしたことと、腰〜下半身のマッサージを受けて片寄鍼灸師にお願いして骨盤矯正の治療を開始したからだと思います。

今後もこの状態を維持出来る様にバランス良い姿勢を保ちたいと思っています。

Takao Hosono, Tokyo

おすすめコンテンツ