診療日誌

5月22日(火)

医学雑誌などでアトピーの治療法を調べていたたところ、今まで自分では思いつかなかった薬の使い方が載った論文をみつけました。

その内容から考えて、温清飲(うんせいいん)を長く使うのは逆効果と考えられました。さっそく現在、温清飲で症状が固定してしまって改善しにくくなっている方に試してみたところ、かなり手応えがありました。

もちろん全員にこの方法が上手く行くことはありませんので、使う使わない、その時期などは慎重に判断する必要があります。

写真は日比谷ミッドタウンの中のパン屋さんでの朝食です。写真映えが悪いのではなく、撮影者が下手なだけです。クロワッサンとコーヒー税込み540円、サクサクとした食感で美味しかったです。

Takao Hosono, Tokyo

東京診療所 細野孝郎 院長
筆者 細野孝郎 院長
医療法人 聖光園 細野診療所 東京診療所 責任者

昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医

川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、ランニング、フルマラソン(東京マラソン4回、2013年シカゴ)、自転車など。

おすすめコンテンツ