診療日誌

6月7日(木)

診察では患者さまへの説明や治療の方針など、詳しく丁寧にする様に心がけていますが、これは丁寧にするほど結果としては冗舌になり、説明している自分ですら途中で訳が分からなくなってしまうことがあります。初めておみえになった患者さまにとっては、耳慣れない言葉の連続で逆に混乱させていることも多いかもしれません。

一年程前に説明用のプリントを作り、説明と同時にそちらをお渡しするようにしました。その頃に初診でみえた方は覚えておられるでしょうか。しかし、それもまだまだのようで、「少し難しいなぁ」と顔に書いてる方もいらっしゃいました(笑)

最近は治療経過や処方内容の説明を図表にしてお渡ししています。説明も簡素すぎず、細かすぎず・・・・を心がけています。

この図はアトピー治療の方針・経過を示すもので、3週間程前からアトピー性皮膚炎で初めておみえになる方にお渡しして説明しています。そして実際に患者さまに説明すると訂正しなければいけない箇所がでてきます。改定を重ねて今はバージョン3まで来ました。もう少し良くなりますのでご期待下さい!ただやりすぎて細かくなり難解にならないよう、ほどほどにを心がけます。(笑)

今もおかかりのアトピーの方も御希望あればお渡しして説明致しますのでおっしゃって下さい。どんどん質問して頂いてもっともっと良い物を一緒に作って行きたいです!!

Takao Hosono, Tokyo

東京診療所 細野孝郎 院長
筆者 細野孝郎 院長
医療法人 聖光園 細野診療所 東京診療所 責任者

昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医

川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、ランニング、フルマラソン(東京マラソン4回、2013年シカゴ)、自転車など。

おすすめコンテンツ