処方は証(しょう)で判断する

どういう疾患の時に、どの様な処方をするかと言うお話の前にごくごく簡単にですが、漢方的な診察方法を説明します。
なぜ、漢方的な診察方法なるものが存在するのか?
普通の診察とどの様に違うのか?
それは漢方処方を決定するに際してどうしても必要だからです。基本的な大原則なのですが、漢方薬は基本的には病名に対して薬を投与しません。
「偏頭痛と診断されてイミグランを処方されました。」
「ほぅ、イミグランを処方されたのですか。偏頭痛ですね!」
「医者行ったら胃カメラ飲まされてパリエット処方されたよ。」
「パリエットだったら胃潰瘍かな?」
「高血圧なんですよぉ・・・・・」
「ディオバンいっときますか。」
と言う会話は医師と患者さん、または患者さんとその友人などでありそうです。症状(病名)と処方名がしっかりと一致しています。偏頭痛→イミグラン、逆にイミグラン→偏頭痛、パリエット→胃潰瘍、逆に胃潰瘍→パリエット、の様に通常の薬(西洋薬)は病名に対して処方するので、この様になるのは当然のことです。(もちろん全く異なる疾患に同じ処方を用いる場合もありますが、話が難しくなるのでここでは省略します。)
しかし、これが漢方だと
A「なんか、葛根湯もらいました。」
B「ほぅ、葛根湯なら風邪ですか??」
A「いや、肩が凝って凝ってしょうがないのです。」
B「肩こりで葛根湯もらったのですか?」
A「はい。」
Aさん:「胃のクスリだと言って柴胡桂枝湯もらったよ。」
Bさん:「あれ?僕は風邪の治りかけの時に出されたサ?」
Cさん:「そんなことないでしょ、私は肝臓のクスリと言われました。」
Dさん:「へ?私は体質改善と聞いてましたが・・・・・??」
葛根湯は風邪の薬?いや、肩凝りの薬??何か揉めています。これはAさん、Bさんどちらも正しいのです。葛根湯はある人達には風邪薬ですが、またある人達には肩凝りなどにも用いられるのです。
次を見てみると柴胡桂枝湯は万能薬か??と思ってしまいます。一つの処方(柴胡桂枝湯)に多くの症状(病名)が出てきます。4名とも全て症状は異なりますが、処方名は同じです。Dさんは特に病気があるわけではなく、体質改善が目的な様です。この4名で同じものは病名(症状)ではなく「証」なのです。Aさん、Bさん、Cさん、Dさん、この4名の「証」は似通っているので同じ処方になったのです。証にあった処方で、それぞれに悩んでいる異なる症状が改善されるのです。
患者さんの「証」を決めるためには漢方的な診察手技が必要となってくるのです。

東京診療所 細野孝郎 院長
筆者 細野孝郎 (Takao Hosono) 院長 (東京診療所)
昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医
川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、ランニング、フルマラソン(東京マラソン4回、2013年シカゴ)、自転車など。

おすすめコンテンツ