不妊治療の漢方薬と鍼灸

漢方治療といえば、漢方薬を飲むだけの治療を想像される方が多いでしょうが、実はそうではありません。

「漢方」は漢方薬と鍼灸を総括した言葉

漢方薬と鍼灸(しんきゅう)の二つを併せたものが、本来の漢方治療です。
他の疾患もそうですが、不妊でお悩みの方に対する漢方治療も、漢方薬だけの治療よりも、鍼灸治療を併せた方がより効果が出る場合があります。
不妊の漢方治療の基本は、「血の流れ」と「血の質」の改善にあると思っています。つまり上質な血液サラサラの体にしなければならないのです。
その「血の流れ」を良くするためには体のエネルギーの流れを良くせねばなりません。これがいわゆる「気の流れ」です。
「気の流れ」の悪い人は下腹部にガスが溜まってポッコリしたり、残尿感(お小水が残っている感じ)があったりします。
お腹を診察して、右の下腹部を押して抵抗のある人は血の流れが悪いことが多く、全体的にガスが溜まったり、肋骨の下あたりが固い人は気の流れが悪いことが多いのです。
基本的、その程度に応じて、血の流れや気の流れを改善する漢方処方を選択します。
さらに、もっと効果を出したい場合には鍼灸治療を併せてお勧め致します。

漢方薬も鍼灸も同じ治療方針であることが重要

人間の体には経絡(けいらく)と言って「気」や「血」の通り道となる物が存在します。その経絡には経穴(すなわちツボ)が365個以上点在し、そのツボを刺激することにより、「気」や「血」の流れを改善するのです。治療方針や方向性により、どのツボを使って治療を進めるかが異なります。
刺激の方法には、針(髪の毛程度の細さ)を使ったり、お灸(痕にはなりません!)で熱を加えたりする方法があります。
例えば、ご自分で「せんねんきゅう」などを買って、関元(かんげん)や太𧮾(たいけい)などにお灸をされても良いでしょう。これらのツボを刺激することで、間接的に女性生殖器系に熱を加え、血の巡りが良くなります。治療効果を継続するため、自宅でできる治療補助も指導します。
漢方薬と同じ方向性で鍼灸治療を受けることはとても効果的です。しかし、漢方薬と鍼灸治療の方向性が同じでないと、効果が得られないどころかむしろ体にとっては逆効果です。

漢方薬と鍼灸治療、それぞれの方向性が違うと、足のひっぱりあいになることも

当院で鍼灸治療をお受けになる患者様全員に対して、漢方薬での治療と同じ方針(方向性)での鍼灸治療を受けられるようにしております。
*鍼灸治療は好き嫌いがありますので、ご希望の方のみにいたしております。ご予約時にご希望があればおっしゃって下さい。

同方向の治療なら、相乗効果で治療効果もさらにアップ

» 「不妊 不妊症の漢方治療」に関する記事はこちら
» 「自然妊娠を目指そう!」に関する記事はこちら
» 「妊娠中の胎児・母体の体調管理」に関する記事はこちら
» 「女性の漢方1(不妊治療)」に関する記事はこちら

東京診療所 細野孝郎 院長
筆者 細野孝郎 (Takao Hosono) 院長 (東京診療所)
昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医
川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、ランニング、フルマラソン(東京マラソン4回、2013年シカゴ)、自転車など。

おすすめコンテンツ