妊娠中の胎児・母体の体調管理

不妊治療に漢方を取り入れて、その結果めでたく妊娠された場合、多くの方が妊娠継続の漢方を希望されます。

母体と赤ちゃんを守る、安産の妙薬

代表的な処方は、やはり当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)です。当帰芍薬散は安産の妙薬として、妊娠中に服用すると妊娠腎(タンパク尿や浮腫)などの予防になります。さらには服用を続けると分娩も軽く、元気な赤ちゃんが生まれ、生後の発育も不思議なことに良いのです。
当帰芍薬散は6種類の生薬から構成されています。3種の生薬が主に血の質を良くし、さらに、その他の3種の生薬が水分代謝を改善します。つまり水分代謝の調節作用がタンパク尿や浮腫の予防や改善するのでしょう。
また、金匱要略(きんきようりゃく)と言う漢方の古典書に「妊娠している婦人が、お腹のしぼるような痛みを訴えるとき、当帰芍薬散の主治である」と記載されています。
昔から、「当帰芍薬散は安産のクスリ」と考えられてきました。
妊娠中の出血には、芎帰膠艾湯(きゅうききょうがいとう)をよく用います。これも6種類の生薬から構成されています。その中に含まれる艾葉(がいよう)と言う生薬はヨモギの葉を乾燥したもので、止血作用があります。含まれる阿膠(あきょう)にも出血を止め、粘膜の傷を治す作用があります。

女性向けの基本処方、四物湯(しもつとう)

芎帰膠艾湯の構成生薬を見ると、
芎帰膠艾湯=四物湯(しもつとう)+ 阿膠(あきょう) + 艾葉 (がいよう)+ 甘草(かんぞう)
となります。
先ほどの当帰芍薬散は
当帰芍薬散=四物湯(しもつとう)+ 五苓散(ごれいさん)—(地黄、桂皮、猪苓)
となります。
この両者で四物湯と言う処方名が重複していることがお分かり頂けるでしょう。四物湯は、その名の通り4種類の生薬から構成される処方で、女性系の漢方の基本となる処方です。作用は比較的穏やかで、血の質を良くしてくれます。
四物湯は、当帰(とうき)、芍薬(しゃくやく)、川芎(せんきゅう)、地黄(じおう)から構成されます。
女性の方に使用する漢方薬の多くに、四物湯の構成生薬が入っています。これは妊娠に限ったことではなく、女性の体調管理・維持、月経に関するトラブルから、またはカサカサタイプの皮膚疾患やアトピー性皮膚炎にまで使用する処方です。血の質を良くすることで肌に潤いを持たせるのです。
まとめると、妊娠の経過を良くする処方は当帰芍薬散を代表とする、四物湯を基本とした処方となります。

» 「不妊 不妊症の漢方治療」に関する記事はこちら
» 「出産後の体調管理」に関する記事はこちら
» 「自然妊娠、出産後も漢方...」に関する記事はこちら
» 「女性の漢方1(不妊治療)」に関する記事はこちら

東京診療所 細野孝郎 院長
筆者 細野孝郎 (Takao Hosono) 院長 (東京診療所)
昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医
川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、ランニング、フルマラソン(東京マラソン4回、2013年シカゴ)、自転車など。

おすすめコンテンツ