ストレス

ストレスは多くの場合は「気」の流れの悪さが原因となります。症状としては、いわゆる自律神経失調症のような症状から、頭重感、動悸、咽の閉塞感、腹部膨満感など多彩な症状を呈することがあります。これらは主に「気」の滞りにより起こると考え、「気」の流れを改善することが基本治療となります。

また「気」の流れの改善には漢方薬治療と併せて鍼灸治療をおこなえば、より効果があるでしょう。当院ではご希望される方には鍼灸治療も併せて行っております。

のどのつまり
細野 孝郎(東京診療所)

気剤で気楽に行こう!
細野 孝郎(東京診療所)

おすすめコンテンツ