のどのつまり(咽の閉塞感)

「のどが詰まった感じがする・・・」「検査では異常はなかったけれども、声が出にくい」「緊張すると声が裏返る」などの悩みで当院を受診される方は多くおられます。「耳鼻科で調べてもらったけど、何もなかった。でも、いつも咽が絞められている感じがする。」
これは漢方で言う「気滞」(きたい)、気の通過障害が原因です。西洋医学的には診断できませんので、「病気ではないので薬はありません。」とか、「心療内科へ行って下さい。」などと言われ、こんなものかと諦めてしまわれる方も多いでしょう。「気滞」という名前がついているからには漢方にはその解決方法があります。この様な症状でお悩みの方、落ち込むことはありませんし、諦める必要もないのです。
遙か昔から多くの人達が同じ様な症状で悩み、漢方はそれに対して長年に渡り治療経験を積み上げて来ています。

気滞と症状

別項でも書いているのですが、「気」とは体のエネルギーです。気が上手く体内を循環することで我々は「元気」に「気分」よく生活できるのです。そうです、元気の「気」、気分の「気」の「気」が大事なのです。気が滞りなく循環していれば問題はないのですが、いったん滞ってしまうといろいろな症状を引き起こしてきます。その一つが「咽の閉塞感」です。これは気の流れが咽の部分で滞ったために起こる症状の一つです。気は停滞した部分によりいろいろな症状を呈します。

  • 頭:頭重感、抑うつ
  • 咽:閉塞感、声が出にくい
  • 胸:胸がモヤモヤする
  • 鳩尾(みぞおち):つっかえ感、重い感じ
  • 腹部:膨満感(お腹のはった感じ)

如何でしょうか?咽の閉塞感だけの方はむしろ少ないのではないでしょうか?私の経験では、咽の閉塞感に膨満感を伴うパターンが最も多くみかけます。次いで抑うつや頭重感も比較的多くみかけます。これらを漢方では気滞が原因と考えているのです。

「梅核気」(ばいかくき)、「咽中炙臠」(いんちゅうしゃれん)

のどのつまりに関して、漢方では、「梅核気」(ばいかくき)とか「咽中炙臠」(いんちゅうしゃれん)という呼び方をします。

「梅核気」は梅の種が咽にひっかかった感じ、「咽中炙臠」とは焼き肉が咽に詰まった様な感じを言います。しかし実際には何もひっかかっていないので、吐いても飲み込んでも症状は何も改善されません。
漢方でこの様な状態に名前が付いていますが、殆どの方は耳にしたことがないと思います。何故この様な名前がついているのでしょうか?

それは、この様な症状は昔から数多く存在し、そしてそれに対し、漢方には治療方法があるということを意味します。

滞っている部分での気の流れを良くすれば解決します。よほどの重度の気滞でないかぎり、また他に血や水の異常がなければ、治療自体はそれほどに難しいものではありません。
漢方で良く言う気・血(けつ)・水(すい)は三者が協力しあって体内を循環しています。一つが滞ると、それにつられて残りの二つも遅かれ早かれ滞って来ます。ですから、今は「咽の閉塞感」という気の異常だけでも、それが長期に渡れば血や水の異常を引き起こし、新たな病気の引き金になる可能性もあります。

咽のつまりの代表的な漢方処方:半夏厚朴湯

代表的な処方に半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)があげられます。主として咽のつまりを感じ、他に動悸、めまい、不安感、胃部不快感などを感じる方に適応となります。「気」の流れが咽喉部や上腹部で滞ることにより、上記症状が出現してくるのですが、これらを比較的速やかに改善してくれます。この処方が「のどのつまりの」第一選択と考えて間違いないでしょう。
半夏厚朴湯は半夏、厚朴、茯苓、蘇葉、生姜の5つの生薬より構成されています。基本は小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりょうとう)で、これは半夏、茯苓、生姜の3つの生薬より構成される悪心・嘔吐の時に用いる胃の漢方処方です。それに厚朴、蘇葉を加えて半夏厚朴湯が出来上がります。加えられた厚朴、蘇葉は気の流れを改善する作用があります。
しかし、実際には「のどのつまり」のみを訴えてみえる方は少数です。「胃の不快感や膨満感が一番気になるが、咽のつまりもある」、「めまいが主だが、咽のつまりもある」または「動悸、のぼせがとても気になる、同時に咽もつまる」などの種々の症状と組み合わさってお困りの方が多いのではないでしょうか。

咽のつまりに他の症状がある場合

「胃腸症状と咽のつまり」の時に私がよく用いる処方に香砂養胃湯(こうしゃよういとう)や香砂平胃散(こうしゃへいいさん)などがあります。半夏厚朴湯の基本は主に悪心・嘔吐などの症状に対する胃の薬ですから、半夏厚朴湯でも悪くはありません。しかし、咽のつまりと共に出現する胃腸症状は、「お腹が重い、ガスがたまる」など胃部の気の滞りによる症状がメインとなることが多いので、胃部での気の滞りをよりよく改善する香砂養胃湯などを用います。
これで第一に胃部不快感を治して(この時点で咽のつまり感も治ることがあります)、その後に残った咽のつまりに半夏厚朴湯を用いる、と言う段階的な治療がおすすめです。
「めまいと咽のつまり」の場合には、気が頭部に上ってしまい、同時に咽喉部でも滞っていると考えられます。漢方治療として苓桂朮甘湯(りょうけいじゅっかんとう)が考えられるのですが、咽のつまりも存在するので、半夏厚朴湯を加えて苓桂朮甘湯合半夏厚朴湯とします。さらに細かくオーダーメイド的に調合するのであれば、苓桂朮甘湯に厚朴、蘇葉を単独で加えてもよいでしょう。または苓桂朮甘湯に香蘇散(コウソサン)を加えるか、厚朴のみを加えても効果があります。
「動悸やのぼせ、さらには自律神経失調症の様に多彩な症状が咽のつまりと同時に存在する」場合には、柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)、桂枝加竜骨牡蛎湯(ケイシカリュウコツボレイトウ)、加味逍揺散(カミショウヨウサン)、逍揺散(ショウヨウサン)などを気の滞りの部位、血の状態など気・血・水のバランスを考慮しながら、腹診所見等を併せて治療プランを組み立てて行きます。症状が多いと処方の選択がとても難しく、経験と知識を必要とします。迷ったならば、まずは半夏厚朴湯単独で治療開始されるのもよいでしょう。

咽のつまりなどでお悩みの方

一言で「咽のつまり」と言っても、随伴する症状で処方も変わって来ます。しかし、どの様な症状が伴っても、あまり不安に思わないで下さい。
まだ漢方治療を受けておられない方、是非一度、どこかお近くのクリニック(漢方を得意にしている)で結構ですので漢方薬をお試しになってみて下さい。漢方を服用してもなかなか治らない方、いつでもご相談下さい。

東京診療所 細野孝郎 院長
筆者 細野孝郎 (Takao Hosono) 院長 (東京診療所)
昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医
川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、ランニング、フルマラソン(東京マラソン4回、2013年シカゴ)、自転車など。

おすすめコンテンツ