医療法人聖光園 細野診療所 漢方治療 since 1928
自由診療・予約制
京都075-761-2156 大阪 北浜06-6201-3455 東京 銀座03-5251-3637

9月2日(金)

2016年9月2日 (金)

昨日の続きになりますが、水分を過剰摂取すると胃液が薄まります。と言うことは消化能力も落ちて食べると胃もたれの原因となります。食欲がなくなることにつながります。

水分を摂ることは大事ですが、一気に過剰に摂取すると胃液が薄まったり、あるいはそのまま下痢の一因ともなります。消化管の負担にもなるので、少しずつ飲むのが肝心かと思います。また冷たい水分を一気に飲むと胃が冷えて胃の機能を低下させます。消化能力もそうですが、冷やすと胃の動きを悪くしますので、また胃もたれの原因となります。とは言え、この暑い中で熱い物を飲んでいると体に熱が籠もることがあるので注意が必要です。氷を入れずに常温~適度に冷えた飲み物で水分補給をおすすめします。

さて、久々にウチの猫の写真なのですが、猫は熱い物は食べず、冷たい飲み物も飲まず常に常温の飲み物や食べ物しか飲食しません。そしてもちろん仕事もせずに昼から寝ています。猫に習うのも良いのでは!?

Takao Hosono, Tokyo

この記事を書いた医師
東京診療所 細野 孝郎

細野 孝郎(ほその たかお) 院長

医療法人 聖光園 細野診療所 東京診療所 責任者】

03-5251-3637初診予約

昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医

川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、洗濯、料理、掃除、フルマラソン(サブフォー、シカゴ、ニューヨーク、ベルリン、フランクフルト、香港、東京、大阪、京都、神戸)など。
漢方では、体を整えることで、病気を治したり、また病気になりにくい体作りをします。体のことでお悩みの方はもちろん、現在は健康だと思われている方も、ビタミンを摂るように、自分に合った漢方をみつけて、健康で長く楽しい人生を送りましょう。

よく読まれている記事

TOPへ戻る