医療法人聖光園 細野診療所 漢方治療 since 1928
自由診療・予約制
京都075-761-2156 大阪 北浜06-6201-3455 東京 銀座03-5251-3637

漢方も衣替えの時期とシカゴマラソン2

2018年11月30日 (金)

いよいよ12月も目前となり次第に寒さを感じるようになって来ました。この時期には漢方も衣替えの季節になります。もちろん今服用されている処方で調子の良い方はそのままでも良いのですが、冬になると冷えが強くなる方は温める作用の強い処方に変更したり、温める生薬を今服用されている処方に加えたりします。

千金当帰湯せんきんとうきとうと言うお腹を温める処方があります。冷えてお腹が痛くなるタイプの人などが当てはまる処方ですが、構成生薬を見てみると当帰芍薬散とうきしゃくやくさんの主成分である当帰とうき芍薬しゃくやくが全体の1/3を占めています。ですから女性系の疾患にも適応があると思います。そこに、お腹を温める大建中湯だいけんちゅうとうの成分である、乾姜かんきょう蜀椒さんしょう、人参も含まれています。さらに桂枝、厚朴こうぼくが加わりお腹の動きを調整してくれる漢方処方です。

つまり千金当帰湯は温めることにより骨盤内の血流を良くしてくれる処方であると言えるでしょう。冷えが基本にある月経困難症の方や不妊症の方に用いて効果がある処方です。

さて、前回も書いたのですが今回は4度目のシカゴマラソンでしたが、珍しい写真が撮れました。一枚目は本番レースの前日に開催された5kmの国際親善ランに向かった時のものです。レースに備えてシカゴの中心部も道路封鎖されて歩行者天国状態でした。シカゴのアイコン的な場所でもある道の真ん中よりシカゴ劇場を望んでの一枚です。

二枚目はシカゴの町の中心部をミシガン湖から流れるシカゴ川に架かる橋の写真です。ここは船が通る時に橋桁が上がる仕掛けになっています。橋が上がる寸前に車でジャンプしたり、人が飛び越えて逃げて行ったりする映画で見るあのシーンです。

今回は運よく橋桁が上がる所に遭遇出来ました。この時は国際親善ランを走った後そのままの格好でホテルに戻る途中でしたので、早く橋を渡りたいのに延々と待たされて運が悪かった、と言った方が正確でしょうか。もちろん映画の逃亡者の様に飛び越えて行く勇気はありませんので、「まだかなぁ?寒いなぁ・・・」と独り言を呟きながら待つ羽目に。まぁ周囲に日本語分かる人はいないようでしたので、楽しそうに写真を撮ってる人にしか見えなかったはずです!

Takao Hosono, Tokyo

この記事を書いた医師
東京診療所 細野 孝郎

細野 孝郎(ほその たかお) 院長

医療法人 聖光園 細野診療所 東京診療所 責任者】

03-5251-3637初診予約

昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医

川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、洗濯、料理、掃除、フルマラソン(サブフォー、シカゴ、ニューヨーク、ベルリン、フランクフルト、香港、東京、大阪、京都、神戸)など。
漢方では、体を整えることで、病気を治したり、また病気になりにくい体作りをします。体のことでお悩みの方はもちろん、現在は健康だと思われている方も、ビタミンを摂るように、自分に合った漢方をみつけて、健康で長く楽しい人生を送りましょう。

よく読まれている記事

TOPへ戻る