医療法人聖光園 細野診療所 漢方治療 since 1928
自由診療・予約制
京都075-761-2156 大阪 北浜06-6201-3455 東京 銀座03-5251-3637

自律神経とトイレ

2018年12月15日 (土)

清心蓮心飲せいしんれんしいんと言う少し読みにくい名前の処方があります。少し虚弱な方の膀胱炎や尿道炎、前立腺肥大の場合などに使う処方でもあります。

私はこれを少し神経過敏な方の夜間頻尿に用います。少し気分が和らぎ、気持ち尿の回数が減ります。膀胱は自律神経と関係があり、緊張すると行きたくなるものです。「さっき行ったばっかりなのに緊張してまたトイレに行きたい!」は良くあることです。

私もマラソンのスタート前は意味もなく緊張して、何度もトイレに並んでしまいます。シカゴや東京のような大規模なレースになると慢性的にトイレ不足で、列に10分は並ばないといけません。ですから1度目のトイレを出たらそのまま列の後ろに再度並ぶ様にしています。それでも緊張が強いとまた気になるのですが、流石に三度目はないだろ!と自分に言い聞かせてスタート地点の整列に加わる様にしています。

スタートすると尿意なんかすっかり忘れて、ゴール後に帰宅するまでトイレに行きません。と言うかトイレのことなんか忘れ去っています。全くもって自律神経とは不思議なものです(笑)

最近、無水料理と言うのをネットで知りました。気になると試してみたくなるのが、自分の性分です。と言うことで無水カレーを試してみました。

今回は面倒だったので少し手抜きでカレールーを流用しました。トマトを皮むきしてミジン切りにして(後で思えば缶詰使えば楽でした)、玉ねぎを櫛切りにする予定が勘違いで涙を流しながらのミジン切り、ジャガイモ、人参の乱切りを加えてそれをココットの鍋で煮込み、鶏肉を入れて最後にカレールーを入れて完成!

お味は・・・・煮込み過ぎました・・・・。あと、酸味が立ってあまり美味しくなかったです(笑)次回は煮込み時間を半分にしてみます。

Takao Hosono, Tokyo

この記事を書いた医師
東京診療所 細野 孝郎

細野 孝郎(ほその たかお) 院長

医療法人 聖光園 細野診療所 東京診療所 責任者】

03-5251-3637初診予約

昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医

川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、洗濯、料理、掃除、フルマラソン(サブフォー、シカゴ、ニューヨーク、ベルリン、フランクフルト、香港、東京、大阪、京都、神戸)など。
漢方では、体を整えることで、病気を治したり、また病気になりにくい体作りをします。体のことでお悩みの方はもちろん、現在は健康だと思われている方も、ビタミンを摂るように、自分に合った漢方をみつけて、健康で長く楽しい人生を送りましょう。

よく読まれている記事

TOPへ戻る