医療法人聖光園 細野診療所 漢方治療 since 1928
自由診療・予約制
京都075-761-2156 大阪 北浜06-6201-3455 東京 銀座03-5251-3637

東京マラソンその1

2019年3月13日 (水)

年明けから全く雨の降らない日が続いていましたが、絶対に降って欲しくない日に雨が降るのは法則のようなものでしょうか?そうです、3月3日は東京マラソンでした。この日に雨が降り、しかもスタート時の気温は4℃。例年は2月の最終日曜なのですが、来年以降に天皇誕生日が2月23日になるため移行されたそうです。

さて、その記憶に残る雨と寒さの東京マラソンを走って来ました。

レースのスタートは9時10分ですが、8時45分までにスタートブロックへ整列しなければなりません。それを過ぎると最後尾のブロックに回されてしまいます。東京マラソン規模の大会になると、最終ブロックがスタートラインを超えるのは号砲から30分後位になってしまいます。

スタートブロックが後ろの人ほど、雨の中で長時間待たなければなません。これだけ寒いとトイレは長蛇の列です。私がトイレを済ませてスタートブロックに潜り込んだのは時間ギリギリでした。

私の位置からでは、小池知事の号砲で先頭がスタートしてからスタートラインを超えるまで5分程かかります。9時10分のスタートまで、雨の中を30分以上じっと待たねばならないのは大変です。実際はトイレに並んでいる間も屋根はありませんから、8時過ぎから冷たい雨に打たれていたことになります。

冬場のマラソンは寒いので、ビニールポンチョを被ってスタートし5キロ程度走ってから脱ぐことが多いのですが、今回は35キロまで寒くて脱ぐことが出来ませんでした。

それだけの寒さですから、トイレに行ってスタートブロックに立った直後にまたトイレに行きたくなります。以前はトイレの列にならんで用を済ませると、また列の後ろに並んだものでした。これは完全にスタート直前の緊張による自律神経過敏状態によるものです。何度も経験していますので、もう慌てなくなります。ですので、尿が近いとお悩みの方は「行っても本当に出るのか?」といまいちど自問自答してみてください。

東京マラソンで優勝争いするランナー達は招待選手であったり、一部のエリートランナー達です。その人達はギリギリまで屋根の下で待機し、トイレも並ぶ必要がありません。我々一般ランナーは過酷な状況に耐えなければならないのです。

Takao Hosono, Tokyo

この記事を書いた医師
東京診療所 細野 孝郎

細野 孝郎(ほその たかお) 院長

医療法人 聖光園 細野診療所 東京診療所 責任者】

03-5251-3637初診予約

昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医

川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、洗濯、料理、掃除、フルマラソン(サブフォー、シカゴ、ニューヨーク、ベルリン、フランクフルト、香港、東京、大阪、京都、神戸)など。
漢方では、体を整えることで、病気を治したり、また病気になりにくい体作りをします。体のことでお悩みの方はもちろん、現在は健康だと思われている方も、ビタミンを摂るように、自分に合った漢方をみつけて、健康で長く楽しい人生を送りましょう。

よく読まれている記事

TOPへ戻る