診療日誌

9月4日(金)

生まれました!

と、元・職員のNさんが報告に来てくれました!

赤ちゃんって、文句なしに可愛いですねぇ。みんなに笑顔を振りまいてくれました。かなり、癒されてしまいました。

Nさん、また落ち着いたら、連れてきてください。

さて、このNさんと同時期に生まれた赤ちゃんのお母様から、本日電話がありました。

不妊治療で当院に通院され、無事に妊娠・出産された方なのですが、母乳の出が悪い・・・とのご相談でした。

大丈夫です。

蒲公英湯(ほこうえいとう)と言う処方があります。

これは乳汁欠乏症の時に用いる代表的な処方です。ちょっと調べていると、妊娠後期から服用すると、胎児にも良い影響を与え、母乳も綺麗になる・・・・と書いてありますね。

よし、妊娠中の管理には当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)などをメインにしていましたが、蒲公英湯も少し頭に入れておくことにします。

Takao Hosono, Tokyo

東京診療所 細野孝郎 院長
筆者 細野孝郎 院長
医療法人 聖光園 細野診療所 東京診療所 責任者

昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医

川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、ランニング、フルマラソン(東京マラソン4回、2013年シカゴ)、自転車など。

おすすめコンテンツ