診療日誌

7月12日(火)

調経種玉湯(ちょうけいしゅぎょくとう)と言うレア処方があります。

体のエネルギーが不足すると気・血が不足します。それにより月経が乱れ、妊娠しにくくなる。これらを改善するのがこの処方です。

構成生薬などから考えて、適応しそうなタイプの方は、血の通りは比較的良いが、血の質の悪そうな方で、月経時に頭痛や下腹部痛(冷えによる)のある方です。その様な症状プラス、月経不順や不妊の方にはピッタリでしょう。

昔の本(万病回春)を見ると、不妊に対して百発百中の効果があると記載されています。

さすがにこれは誇大表現ですよね!!そこで最近の論文を調べると、韓国の大学教授の先生の文献があり、その先生は調経種玉湯で約40年間で160名ほど妊娠に成功したとのことです。

一見たいしたことない数字に見えるのですが、不妊治療に使う処方は山ほど種類があります。その中で調経種玉湯に限ってで160名の妊娠は効率が良と思います。

と言うことで、3ヶ月程前より不妊の方や月経痛・月経不順の方に調経種玉湯を使っています。

さて、7月と言えば、ツール・ド・フランスです!!ほぼ3週間で全21ステージ、総走行距離3430キロの世界最大の自転車レースです。

全ステージ生中継を、日本時間の午前1時のゴールまで見てしまいます。1つのステージは200キロ前後、5時間程度の長丁場、レースの駆け引きや人間模様にハラハラしながら、途中トイレへ行ったりゴソゴソすると・・・いつの間にやらネコに前席を奪われます。視界がよろしくありません!

こういう時は、こいつ(ネコ)もいつかツールに出たいのだろうな・・・と思って、自分は位置をずれてそっと見させてやります。もちろん映画館でも前に大男が座ったらそっとずれます(笑)

Takao Hosono, Tokyo

おすすめコンテンツ