診療日誌

7月29日(金)

「夏肥り」!!

先日の朝のワイドショーに「夏肥りに注意!」と言うコーナーがありました。その原因として

1)基礎代謝の低下

2)カロリー過多

などが考えられるそうです。

夏は気温が高いので、体温を上げるのにエネルギーを要しないために基礎代謝が低下するそうです。また、冷たい食べ物は甘味、脂分を感じにくいので食べ過ぎてカロリーオーバーになるそうです。

つまり夏は基礎代謝が下がって、自然とカロリー過多により肥ってしまうそうです!・・・・すみません、知りませんでした。

一方、漢方での夏肥りは、たいていは水分過多による水毒(すいどく)症状によるものです。体が重くだるい、夏なのに冷える、などは水分過多が原因となっていることがありますので、無理に2リットル・・・・など飲む必要はありません。

夏肥り予防法は、中性脂肪の原因となる糖質を代謝するビタミンB1を多く含む食品を摂取せよ、とのコメントで番組のコーナーは終わりました。

豚、ウナギ、タラコ、のり、落花生、大豆、きな粉・・・・などだそうです。

必要量摂取を、食べ物で毎日するのは難しそうなので、マルチビタミン、ビタミンCに続いて、ビタミンBを買ってみました!(ダグラスラボラトリービタミンBコンプレックス、ビタミンB1:50mg、B2:50mg、ナイアシンアミド:50mg、パントテン酸:50mg、B6:50mg、B12:50μg、ビオチン:50μg、葉酸:200μg)

とは言え、基本は食事からの摂取です!とばかり、さっそくいつものイタリアンキッチンで豚舌のマリネをオーダーしました。牛舌はよくあるけど豚舌は始めてでしたが、ビタミンが多い少ない関係なしに美味しかったです(笑)

Takao Hosono, Tokyo

おすすめコンテンツ