診療日誌

2月16日(木)

いつものランニングコースに某神社があります。毎月、ありがたいお言葉が掲示されています。今月はこれ。「僕の前に道はない 僕の後ろに道はできる」小学校の頃に学校で習った言葉です。当時は受験のために、この言葉イコール「高村光太郎」と言う名前を覚えたものでした。

今、興味を持って調べて見ると、「偉大な父と同じ彫刻家の道を歩かせられていた光太郎の独立宣言」という見方もあるようです。なるほど!

漢方の治療も伝統に縛られて昔と同じことを繰り返すだけでは、進歩がありません。治療の環境(例えば不妊治療の体外受精やアトピーならばプロトピックの使用など)昔とは大きく変わっています。それらの存在を無視した治療はあり得ないと思っています。

不妊治療に関しては、今年は既に9件の妊娠報告を頂きました。現代の不妊治療の一環として、しっかりと「道」を作っていかなければと思っています。

Takao Hosono, Tokyo

おすすめコンテンツ