診療日誌

2月1日(土)

はや1月も終わりました。ここのところ、この時季としては暖かい日が続いておりますが、来週より再び寒くなるそうですね。お気を付け下さい。

1月の傾向として、年末・年始に風邪を引いて体調を崩された方が多かったのですが、それ以降はあまり風邪引いた方は多くなかった感じです。基本的に風邪に対しては当院の風邪2号(葛根湯加半夏)と風邪11号(柴胡桂枝湯加桔梗葛根)を常備しておけば大丈夫です。冷蔵庫に入れて保管しておけば来シーズンも使えます。

「何日分くらい常備しておけばいいですか?」とよく質問されます。2号は3日分、11号は1週間分とお答えしています。

さて、東京診療所、火・金の受付担当の橋本さんが昨年12月のハワイホノルルマラソンを初マラソン出場で完走して、雑誌「ランニングスタイル」でドーン!と数ページ特集されています。待合に置いてあるのですが誰も見てくれないと本人が残念がっていますので、みなさん見てあげて下さい(笑)

Takao Hosono, Tokyo

東京診療所 細野孝郎 院長
筆者 細野孝郎 院長
医療法人 聖光園 細野診療所 東京診療所 責任者

昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医

川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、ランニング、フルマラソン(東京マラソン4回、2013年シカゴ)、自転車など。

おすすめコンテンツ

関連キーワードで検索

,