にきび治療

にきび治療は漢方の得意分野

ニキビの治療は皮膚科、美容形成などにかかるのかなと思われている方も多いでしょうが、漢方の得意分野の一つです。
1〜3ヶ月程度でその効果を実感出来るのではないでしょうか。しかし残念なことに2週間程度で効果がないと「カンポーは効かない!!」と思われて通院を中止されてしまう方が多いことが残念です。
ニキビで使う漢方は、清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)、荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)などがあり、これらを基本にして組み立てて行きます。
さて、この中でも最も多く使われるのが清上防風湯だと思います。これは生理不順などの症状のない若い人のニキビで、部位的には主に首から上に多発する場合に用います。
僕は基本的には清上防風湯に金銀花(きんぎんか)と言う、細菌をやっつける生薬を加えて使います。ニキビは感染をおこすと悪化しますからね。
首の下、背中や胸にもポツポツとニキビがあるタイプには荊芥連翹湯を基本に考えるのですが、これは解毒ならびに体質改善をもおこなう処方ですので効果を実感するには時間がかかるかも知れません。若い女性の方が多いので、ほぼ全員の方が「背中なんかよりともかく顔をなんとかしてください!!」とおっしゃいますので、実際にはこの処方はあまり用いません。
さて、ひどい生理不順を伴ったり、生理の前に悪化するタイプでは清上防風湯よりもむしろ桂枝茯苓丸を基本にして処方を組み立てます。その方が治りが良い場合多いのです。このような方は生理周期とともに少しずつ良くなって行きますので、最低でも3〜6ヶ月はみないといけません。
ここまで読まれると、「はて?自分は軽い生理不順があるし、生理前になんとなく悪化する気もするし、どちらの薬が合っているのかなぁ・・・・?」と疑問に感じられると思います。最後の決めては、腹診でと言うことにしておきましょう。
写真の方は清上防風湯、金銀花を用いました。

東京診療所 細野孝郎 院長
筆者 細野孝郎 (Takao Hosono) 院長 (東京診療所)
昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医
川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、ランニング、フルマラソン(東京マラソン4回、2013年シカゴ)、自転車など。

おすすめコンテンツ