不妊 不妊症の漢方治療

不妊症に対する漢方の基本的な考えは、まずは体をもとある状態に戻すことです。言い換えれば何らかの外的・内的な要因が加わているため、体の軸がぶれた状態であるから妊娠しにくいと考えます。体がどちらの方向にどの程度傾いているかは、正しい知識に基づき、東洋医学的な診察(脈、舌、お腹の診察)、問診などを元に判断します。そしてその判断に基づき、漢方薬の処方や、場合によっては鍼灸治療などを併用して効果的に妊娠できる体作りを進めて行くことが漢方治療の大原則です。

漢方の不妊治療「体をもとある状態に戻す」

その方法には
血の通りを良くする(活血)
血の質を良くする(養血)
体のエネルギーの通りをよくする(理気)
体にエネルギーを補う(補気・補腎)
などが考えられます。
これらは単独で行うこともあれば、また同時に行う場合もあります。これがいわゆる、「気・血・水」を整えることです。これら治療をどのような順番に行うか、どの組み合わせが良いのかなどを考え、適切に行うことが、漢方薬を使った不妊治療の基本となるのです。

妊娠しにくい体とは、生理(月経)不順、生理痛、性交痛、冷え性(特に腰部、臀部、大腿)、便秘などの症状があり、これらがあると妊娠しにくい方向に体が傾いている、いわゆる血の巡りの悪い体である可能性が疑われます。

体の傾きを治すには、血の通りを良くする(活血)、血の質を良くする(養血)、気の通りを良くする(理気)、気の不足を補う(補気・補腎)などの方法を組み合わせて処方を組み立てて行きます。これがいわゆる「気・血・水」のバランスを整えることですし、またよく言われている瘀血(おけつ)の治療とも言えます。バランスを整えるとだけ書くと、簡単なことに思われるかも知れませんが、実際にはどの様な組み合わせで、どの様な順番で治療するのが良いのかを判断する方法は簡単に書けることではありません。

血の巡りを良くする漢方処方

私は治療の導入には血の巡りを良くする処方を基本に組み立てることが多いです。また比較的強めの処方を敢えて用いることもあります。と言うのも、不妊の漢方治療を希望されて当院を初診される方の大半が35歳前後と時間的にも余裕のない場合が多いために、急いで体を作らなければならないからです。

血の巡りを良くする処方は大きく分けて二つのグループに分けられます。

「強く血の巡りを良くする処方」

一つのグループは「強く血の巡りを良くする処方」で、比較的作用の強い生薬より構成され、作用の体感や出現も早い漢方処方です。作用としては子宮・卵巣系統の血の流れを活発化するのですが、同時に消化管の動きも活性化してしまいます。そのため体に合わないと下痢の副作用が出てしまいます。中には一週間に一回しか便が出なかった人が毎日出るまで改善されてしまう強い処方もあります。基本的には便秘の人が一日一回出る程度の強さまでならば問題なく使えるでしょう。

「体を温めることによって血の巡りを良くする処方」

もう一つのグループは「体を温めることによって血の巡りを良くする処方」です。温性の生薬を中心に組み立てられた処方が多く、服用することによって背部や臀部、大腿の冷え等が解消されて、気付けば血の巡りが改善されて妊娠しやすい体になっているでしょう。ただ、あまり冷えも感じなく実証(体の強めな人)の人に処方しても、体感に乏しいことがあります。その様な人には前者のグループの処方が適しているでしょう。実際にはこれらの2つのグループが境界明瞭に存在しているわけではなく、両端にそれぞれAとBという処方が対極的に存在したならばその間に数多くの処方が存在すると考えて下さい。そしてそれらを単独で用いるか、あるいは配合比を考えて合方として処方の基本にするかを決めるのに必要なのが先述した東洋医学的診察です。

不妊治療

漢方治療を開始すると、多くの方が治療効果を体感されるでしょう。全く何も体感出来なければ治療も続かないと言うのも事実です。まずは生理(月経)の状態の変化に気付かれる方も多いかと思います。生理痛の軽減、月経前症候群が軽くなった、経血の出方の違い、色や性状の変化などです。また服用後最初の月経がいつもより早く来たとおっしゃる方もおられます。強いグループの処方を使った方々は、服用開始後ただちに便秘の改善は体感されるかと思います。消化管に効果で出ていれば子宮卵巣系の血液の巡りは比較的早く改善されていくでしょう。また温めるグループの処方を使った方々は遅くとも服用後3回目の生理頃から、背部・臀部・大腿部の冷えの改善を体感されるかと思います。そうなると血液の巡りは改善されてきていると言うことです。この様な体感を経て、半年程度経過した頃より基礎体温表が整って来るかと思います。そうなると妊娠できる可能性の高い体に体質改善されたと考えて良いでしょう。

たまに、自然妊娠の時と人工授精、または体外受精の時とでは漢方治療の方法は異なるのか?とご質問されます。体外受精時の治療に関しては体外受精時(IVF)に書きましたのでご参照下さい。基本的には治療の入り口は体の軸を正すという方向なので同じです。理想的には体外受精もある程度体の軸が元に戻ってより受けられると良いかと思うのですが、現実的には時間(年齢)との勝負という面もありますので、漢方治療も体外受精等を含めた不妊治療サークルの一員として、それらをサポートすることも考えて組み立てて行かねばならないでしょう。

長期の不妊症と精神状態「気の滞り」

一般的な傾向として、不妊治療が長期になると精神的にも圧迫が強くなり、いわゆる漢方で言うところの「気の滞り」が出てきます。これは言い換えれば体の中でエネルギーの巡りが悪くなることです。もう少し言えばホルモンのバランスを崩すことと考えて下さい。一例として思春期の頃などに精神的な大打撃やストレスを受けたときにしばらく生理が止まってしまう事例を想像して頂けるとよいかと思います。つまり長期の不妊治療がストレスを生み、結果として(生理が止まるまではいかないけれど)ホルモンバランスの悪化を巡りさらに妊娠しにくい体に陥っていく悪循環です。これが顕著になると、自覚症状として表れてきます。抑鬱感、原因不明の頭重感、咽の閉塞感、胸部の不快感(呼吸が深く吸いにくい感じ)、右脇腹の不快感、便は出ているけれども腹部の膨満感などです。これらの症状があると気の滞り(気滞・気鬱)の存在が疑われます。実際に不妊で来院される方の1/4程度にこれらの症状や診察所見が認められます。この様な時には血の流れが良くなる処方を基本に、気の流れが良くなる生薬を加味すればこの悪循環を断ち切ることが可能で、症状が改善されるのが自覚できるかと思います。

漢方の不妊治療の処方例

不妊症の治療に実際に用いている基本となる主な処方を紹介致します。
下記の漢方薬を基本に、さらに必要に応じて150種類の「単味」と言う生薬エキスの中から必要に応じて薬味を加え、その方の体に細かく合わせたオリジナル処方を調合致します。
これこそ当院の薬が「オーダーメイド漢方」と言われている所以です。

代表的な処方例

漢方治療例 処方例
気の巡りを良くする 柴胡 香付子 橘皮 枳実 厚朴などの生薬を中心に組み立てられた処方
香蘇散 正気天香湯 半夏厚朴湯 四逆散 柴胡疎肝湯 四逆解毒湯 逍遥散 抑肝散 柴朴湯 柴蘇飲 など
血(けつ)の働きを良くする 熟地黄 当帰 芍薬 などの生薬を中心に組み立てられた処方
四物湯 調経種玉湯 当帰芍薬散 温経湯 など
冷え(血行不良の強い状態)を改善 附子 乾姜 呉茱萸 などの生薬を中心に組み立てられた処方
甘草乾姜湯 四逆湯 四逆湯加人参 真武湯 茯苓四逆湯 など
瘀血の状態を改善する 牡丹皮・桃仁・紅花などの生薬を中心に組み立てられた処方
桃核承気湯 加味承気湯 桃仁承気湯 大黄牡丹皮湯 通導散※ 通経湯 桂枝茯苓丸 折衝飲 牛膝湯 加味逍遥散 など

上記処方に加えてオリジナル処方を完成させるための代表的な生薬例

1理血薬・・・血(けつ)より来る症状群を治療する生薬のこと

止血薬 理血薬の中でも特に出血のときに使われる生薬
仙鶴草(せんかくそう)三七人参(さんしちにんじん)艾葉(がいよう)槐花(かいか)など
活血薬 理血薬の中でも特に瘀血の状態よりくる症状群を治療する生薬
川芎(せんきゅう)丹参(たんじん)鶏血藤(とうけっとう)延胡索(えんござく)益母草(やくもう) 桃仁(とうにん) 紅花(こうか) 牛膝(ごしつ)など

2補養薬・・・体内の不足(虚証)による症状群に使う生薬

補気薬 補養薬の中でも各臓器や器官の生理的な機能を高める生薬
人参(にんじん) 黄耆(おうぎ) 白朮(びゃくじゅつ) 甘草(かんぞう)など
補血薬 補養薬の中でも血(けつ)の生理的働きを高める生薬
地黄(じゅくじおう) 当帰(とうき) 芍薬(しゃくやく)など

3去寒薬・・・元々虚証の状態があり、さらに慢性疾患や寒い環境などが加わり血行機能が著しく下がった状態を改善する生薬

去寒薬 附子(ぶし) 乾姜(かんきょう) 桂枝(けいし) 呉茱萸(ごしゅゆ) 蜀椒(しょくしょう)など

4理気薬・・・主として気滞(きたい)による症状を緩和する生薬

理気薬 香付子(こうぶし) 橘皮(きっぴ) 青皮(じょうひ) 枳実(きじつ) 木香(もっこう)など

» 「自然妊娠を目指そう!」の記事はこちら
» 「人工授精と体外受精の漢方治療」の記事はこちら
» 「不妊治療の漢方薬と鍼灸」の記事はこちら
» 「女性の漢方1(不妊治療)」の記事はこちら

東京診療所 細野孝郎 院長
筆者 細野孝郎 (Takao Hosono) 院長 (東京診療所)
昭和63年北里大学医学部卒 日本東洋医学会認定医・日本臨床抗老化医学会名誉認定医
川崎市立井田病院、藤枝市立志太病院、北里大学病院などを経て現在に至る。
北里大学病院では、膠原病・リウマチ・アレルギー外来を経て、漢方外来設立に尽力、担当。
1992年より当院でも診療を開始。
得意分野:内科系疾患全般、月経困難症や不妊などの婦人科疾患、皮膚疾患。また、体質改善や健康維持など、加齢にともなうエイジングケアの漢方にも力を入れている。
趣味:猫、ランニング、フルマラソン(東京マラソン4回、2013年シカゴ)、自転車など。

おすすめコンテンツ